ニュース

Google、「Google Chrome 50」のベータ版をリリース

Windows XP/Vistaサポートは終了

「Google Chrome」v50.0.2661.26

 米Google Inc.は10日(現地時間)、Webブラウザー「Google Chrome」の最新ベータ版v50.0.2661.26を公開した。「Google Chrome 50」では、パフォーマンスと安定性を向上させるための改善が水面下で行われているという。

 「Google Chrome」初のベータ版が公開されたのは、7年前の2008年9月2日のこと。最新のWeb標準技術をサポートしたレンダリングエンジン“WebKit”と高速な“V8”JavaScriptエンジンを中核に、マルチプロセス方式のタブとサンドボックス機構、プライバシーを守る“シークレットモード”などの先進的な機構を盛り込んだ「Google Chrome」は、タイトルバーやメニューバーを排し、アドレスバーに検索ボックスを統合したシンプルなスタイルも相まって、リリース当初から高い注目を集め、瞬く間に高いシェアを獲得。“モダンブラウザー”の先駆けとなった。

 また、“高速リリースサイクル”と呼ばれるアップデートポリシーも当時では目新しかった。「Google Chrome」はバックグラウンドで自動的に更新されるため、ユーザーは常に最新の「Google Chrome」を利用することができる。また、旧バージョンがいつまでも市場に残ってしまう“バージョンの断片化”を防止できるため、開発者側のサポートコストも抑えられる。

 「Google Chrome」は当初Windows XP/Vista専用だったが、2010年にはMac/Linux向けが、2012年にはAndroid向けがラインナップに追加。“Chromebook”などにインストールされている「Chrome OS」や、「Internet Explorer」に埋め込んで利用できるプラグイン「Google Chrome Frame」(2010年正式リリース、2014年1月サポート終了)も提供された。また、2013年4月にリリースされた「Google Chrome 28」ではレンダリングエンジンを“WebKit”から“Blink”へと変更。「Google Chrome 32」ではGPUによるハードウェアアクセラレーションの活用と、プラットフォーム依存コードの排除を目的としたアーキテクチャーの刷新が行われている。

Windows XP/Vistaサポートは終了

 なお、「Google Chrome 50」からWindows XP/Vistaサポートが打ち切られる。「Google Chrome」がWindows XP/Vista用から出発したことを思うと感慨深い。

 「Google Chrome」ベータ版はWindows/Mac/Linuxに対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。

ソフトウェア情報

「Google Chrome」Windows向けベータ版
【著作権者】
Google Inc.
【対応OS】
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10および64bit版の7/8/8.1/10
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
50.0.2661.26(16/03/10)

(樽井 秀人)