Markdown Edit

    • Markdown Edit

      Markdown Edit

      v1.33(17/06/10)
    • シンプルかつスタイリッシュなオープンソースのMarkdownエディター

      フリーソフト (寄付歓迎)
      対応環境 :
      Windows 7以降(編集部にてWindows 8.1で動作確認)

 Windows デスクトップ向けに開発された“CommonMark”記法専用のテキストエディター。“CommonMark”とは“Markdown”記法で曖昧になっている細部の構文仕様を明確化したもので、“Markdown”記法とほぼ同じものを指すと考えてよいだろう。本ソフトの特長は、ユーザーインターフェイスのシンプルさを追求しているところ。ウィンドウの枠やメニューバー、ツールバー、ステータスバーといった部品が可能な限り排除されており、キーボードショートカットで利用することが前提となっている(ショートカットの一覧は[F1]キーで閲覧可能)。また、本ソフトはSDI型になっており、1つのウィンドウで扱えるドキュメントは1つだけだ。

 一方、機能面では“Markdown”記法の構文色分け、リアルタイムHTMLプレビュー、英仏独伊西の各言語に対応したスペルチェック、自動保存、ワードカウントなどをサポートする。HTMLプレビューのひな形はユーザーが自由に書き換えられるようになっており、CSSを記述すれば自由にデザインを変更することが可能。Markdownエディターとして基本な機能は一通りおさえている。また、オープンソースで開発されており、ライセンスは“MIT License”。

 なお、動作には.NET Framework 4.7が必要。

作者名
Mike Ward 氏  
公式サイト
http://markdownedit.com/
関連ソフト
  • .NET Framework
    .NET Framework環境で開発されたアプリケーションの実行に必要なランタイム
関連記事