OneNote 学習ツール

    • OneNote 学習ツール

      OneNote 学習ツール

      v1.4.0.0
    • 声でテキスト入力できる「OneNote」用のアドイン

      フリーソフト
      対応環境 :
      編集部にてWindows 10で動作確認

 学習障害を抱える生徒にとっての“眼鏡”の役割を果たす上に、一般ユーザーにとっても便利なアドイン。学習障害とは、知的能力に異常がないにもかかわらず、読解・書字・計算などに大きな困難を抱え、学習面でハンディキャップを負っている状態をいう。目の悪い人が眼鏡をかけるのと同様、補助的な手段を用いれば克服しうるものだ。

 本アドインは、大きく分けて読解を助ける“イマーシブ リーダー”と、書字を助ける“ディクテーション”という2つの機能を備えており、いずれもインストールすると“リボン”に追加される[学習ツール]タブから簡単に利用できるようになっている。

 “イマーシブ リーダー(Immersive Reader)”は、読字の妨げになる「OneNote」のユーザーインターフェイスを取り払い、ドキュメントの内容に集中するための機能だ。有効化するとドキュメントが全画面で表示され、テキストが大きく、読みやすく表示される。テキストの大きさや間隔を調整したり、テーマを選択することも可能で、ユーザーに合わせてカスタマイズできる。

 また、音声による読み上げ機能も搭載しており、耳でテキストの内容を把握することも可能。読み上げの際は当該部分がハイライトされるので、どこを読んでいるのかもわかりやすい。英語ならば品詞分解して色分けすることも可能で、文章の構造を理解するのを助けてくれる。

 一方、“ディクテーション(書き取り)”機能はマイク入力した音声をテキストへ変換することが可能。日本語もサポートされており、比較的堅めの文章であればそれなりの精度で認識できる。

 本アドインは一般ユーザーにとっても便利なものだ。実際、“イマーシブ リーダー”機能は一般ユーザーにも好評で、オンライン版「Microsoft Office」や「Microsoft Edge」のEPUBリーダー機能にも導入されている。また、ドキュメントスキャナーアプリ「Office Lens」のOCR機能と組み合わせて、紙のテキストを読み上げるといった用途も考えられる。

作者名
Microsoft Corporation
公式サイト
Microsoft 学習ツール
https://www.onenote.com/learningtools