Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ

    • Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)

      Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)

    • 「Microsoft Visual C++ 2010」で開発されたアプリケーションの実行に必要なランタイム

      フリーソフト
      対応OS :
      Windows XP/Server 2003/Server 2003 R2/Vista/Server 2008/7/Server 2008 R2
    • Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x64)

      Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x64)

    • 「Microsoft Visual C++ 2010」で開発されたアプリケーションの実行に必要なランタイム

      フリーソフト
      対応OS :
      64bit版のWindows XP/Server 2003/Server 2003 R2/Vista/Server 2008/7/Server 2008 R2
    • Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

      Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

    • 「Microsoft Visual C++ 2010」で開発されたアプリケーションの実行に必要なランタイム

      フリーソフト
      対応OS :
      Windows XP/Server 2003/Server 2003 R2/Vista/Server 2008/7/Server 2008 R2
    • Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)

      Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)

    • 「Microsoft Visual C++ 2010」で開発されたアプリケーションの実行に必要なランタイム

      フリーソフト
      対応OS :
      64bit版のWindows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/Server 2008 R2

 「Microsoft Visual C++ 2010」で開発されたアプリケーションの実行に必要なランタイム。「Microsoft Visual C++」はマイクロソフトが提供する開発環境で、Windowsの標準開発環境と言っても過言ではなく、フリーソフトやシェアウェアなど多くのソフトがこの開発環境で作成されている。32bit版と64bit版がそれぞれ用意されているので、自分のPC環境が32bit版の場合は“再頒布可能パッケージ”を、64bit版の場合は“再頒布可能パッケージ (x64)”をダウンロードしよう。また、ソフト作者のドキュメントなどを参照して必要なランタイムが“SP1”か否かも確認する必要がある。

作者名
Microsoft  
公式サイト
Visual Studio - Microsoft Developer Tools
http://www.visualstudio.com/ja-jp