巡るダンジョン道中記

    • 巡るダンジョン道中記

      巡るダンジョン道中記

      v1.12(17/04/28)
    • スタンやブレイクによる爽快感のあるバトルが特徴のダンジョン探索RPG

      フリーソフト
      対応環境 :
      Windows

 主人公の少女イーリスと3人の仲間達による冒険者のパーティが世界各地のダンジョンを探索していくRPG。敵の弱点属性を突くことで行動を阻害できる“スタン”や攻撃を与え続けることで敵の防御能力が大幅に低下する“ブレイク”などのシステムにより、敵を圧倒する爽快感を味わえるバトルが特徴だ。想定プレイ時間は公称で8時間ほどとなっている。

 戦闘を有利に進めるにあたって、重要となるのが炎・氷・雷という3つの属性の魔法だ。ほとんどの敵はいずれかの属性が弱点で、この弱点属性の魔法で攻撃することでそのターンの行動が不能となる“スタン”効果を与えられる。ただし、スタンの効果は当該ターン中のみ有効なため、行動を阻害したければ敵の行動前に魔法を当てる必要がある。さらにボス以外の敵は、弱点を突くと即死することがある。敵の弱点は最初から常時表示されており、弱点を調べる手間はなく戦術に集中することが可能だ。

 もう一つ、戦闘における特徴的な要素が“ブレイク”システムだ。敵の上に表示されているゲージのうち上側はHPゲージで、下側は“ブレイクゲージ”となっている。連続して攻撃を与え続けることでゲージがフルになると敵はブレイクという弱体化状態になり、物理・魔法ともに防御力が低下。状態異常にもかかりやすくなる。ここぞとばかりに一気に畳みかけるのが爽快だ。

 戦闘中に使用できるアクティブスキルは、剣・斧・槍・弓や魔法の杖といった武器によって変わる仕組み。武器にはレベルがあり、レベルに応じて使えるアクティブスキルが増えていく。さらに武器ごとにパッシブスキルも備わっており、連続攻撃スキルが多く敵をブレイクさせやすい剣、全体攻撃スキルが多くクリティカル攻撃に即死効果を付与させられる弓など、スキルによって表現される武器の個性は多彩だ。

 そのほか、多数ある状態異常やダメージ算出方法など、把握することで戦略や戦術の幅が広がる要素も多いが、冒険のアドバイスを聞ける施設では徐々に内容が追加されていったり、スキルの説明が合理的でわかりやすかったりと、プレイしながら徐々に把握できるようになっている。難易度は比較的やさしめで、オートバトルや戦闘高速化もあり気軽に楽しめる作品だ。一方、戦闘勝利時のアイテムドロップ率を上げる代わりに取得経験値を0にできるアイテムが序盤で手に入るので、歯応えを求めるなら低レベル縛りプレイを追求することも可能だ。

作者名
クロムK 氏
公式サイト
なにか置き場
http://meguri.blog-rpg.com/