ざくざくアクターズ

    • ざくざくアクターズ

      ざくざくアクターズ

      v1.05(15/07/23)
    • 多数の個性的な仲間達と共に冒険や王国運営を繰り広げる長編RPG

      フリーソフト
      対応環境 :
      Windows(編集部にてWindows 7/8.1で動作確認)
    • ざくざくアクターズ v1.05cパッチ

      ざくざくアクターズ v1.05cパッチ

      v1.05c(15/09/14)
    • 王国運営RPG「ざくざくアクターズ」の最新版アップデートパッチ

      フリーソフト
      対応環境 :
      Windows(編集部にてWindows 7/8.1で動作確認)

 多数の個性的なキャラクター達が登場する長編RPG。舞台となるのは、召喚技術によりさまざまな異世界から召喚された技術や人、物であふれた世界。行きすぎた召喚により増えすぎてしまった別世界からの住人達は“ハグレ”と呼ばれ、差別や迫害の対象となっていた。そんなハグレ達の王国を作るため、主人公の少女“デーリッチ”とその親友“ローズマリー”がハグレの勧誘に向かうところから物語は始まる。

 本作の魅力は、数十名にものぼる仲間達。物語を進めることで獣人や幻獣、妖精、悪魔、果ては神様まで、種族も出自もバラバラなハグレ達が仲間となり、それぞれの個性が、メインシナリオでの活躍に加え多数のサブイベントなどで存分に描かれる。サブイベントはコント調のものが中心で、ボケ・ツッコミが飛び交うテンポのよい掛け合いが見所。オリジナルのイラストも豊富に用意されており、これだけの数が居ても埋もれるキャラが一人も居ないと言えるくらい、皆キャラが立っている。

 戦闘は8人パーティのうち前衛4人が戦う形式で、戦闘中も前衛・控えの入れ替えが可能。多くのキャラクターを仲間にできる本作らしいシステムとなっている。また、ボス戦などはこのシステムを前提にバランスが組まれている印象で、敵の攻撃はなかなか激しい。傷付いた仲間を下がらせる、回復役を温存するなど、キャラクター交代が戦術の肝となる白熱のバトルを楽しめる。

 とくに、ゲーム進行に必須ではない“寄り道”として用意されているやり込み系のボスは、ただ弱点を突いたり状態異常へ備えたりするだけでは到底勝てないものも多い。行動パターンを見極めて敵の大技の後の隙を狙う必要があったり、適切なタイミングで特定の行動を取らないとダメージが全く通らなかったりと、ボスごとの仕掛けに応じた攻略法を考えるのが醍醐味となっている。

 また、各キャラクターが提案するお店を出店したりなど、王国運営の要素も充実。活動内容の報告という形でさまざまなイベントがランダムに発生したり、施設が別の施設の売上げに影響するなど、ちょっとした経営シミュレーション的な要素もある。

 こうしたさまざまな要素により仲間達との交流が描かれる作品だが、そんな中で培われた仲間との絆を感じさせる熱い展開や、ハグレ達を取り巻くシビアな現実が描かれるシリアスな展開も。ユーモアと真心、自由な発想と機転により危機を乗り越えていくデーリッチの“小さな王様”ぶりと、それぞれのスタンスで彼女を慕い、支えていく仲間達の姿も本作の大きな見所だ。

作者名
はむすた 氏  
公式サイト
はむすたブログ
http://hamusuta.blog-rpg.com/