Microsoft MakeCodeのサイトでmicro:bitを選択しましょう

Microsoft MakeCodeのサイトでmicro:bitを選択しましょう