ニュース

Apple、「iOS 11」「macOS High Sierra」「tvOS 11」を発表 ~公開ベータを6月末から

正式リリースは秋頃

“Apple Beta Software Program”のWebサイト

 米Apple Inc.は5日(現地時間)、新OS「iOS 11」「macOS High Sierra」「tvOS 11」を発表した。6月末からパブリックベータが開始されるという。

 モバイル向けの「iOS 11」には、拡張現実アプリのためのフレームワーク“ARKit”と機械学習計のためのAPI“Core ML”が追加。iPadでは、macOS風のアプリスイッチャー、ドックなどが新たにサポートされ、ドラッグ&ドロップによる画面の分割表示が可能となる。さらに、アプリ間で画像やURLなどのデータ受け渡しが容易になるほか、新しい「Files」アプリが搭載される。

 また、標準アプリにもさまざまな機能強化が施されている。たとえば「Message」アプリでは個人間送金がサポートされ、「Siri」は英語から中・仏・独・伊・西語への翻訳機能が搭載された。“App Store”のデザインも刷新され、日替わり更新される“Today”、ゲームを探すための“Games”、アプリを見付けるための“App”という3つのタブから、自分にあったアプリへすばやくたどり着けるようになっている。

 対応するモデルは、iPhoneがiPhone 5以降、iPadがiPad 4/iPad Air/iPad mini 2以降、iPodが第6世代iPod touch以降となっている。

 一方、「macOS Sierra」の後継となるデスクトップ向けOS「macOS High Sierra」では、ファイルシステムが“Apple File System(AFS)”となり、ファイルの複製などの処理が劇的に高速化。グラフィックスAPI“Metal”が“Metal 2”へアップグレードされ、拡張現実を実現する“Metal for VR”がサポートされる。

 また、Webブラウザーには「Safari 11」を搭載。「Google Chrome」と比較して80%高速になったほか、自動再生のブロック機能なども追加される。そのほかにも、HEVCコーデックを標準搭載するという。

 対応するモデルは、2009年以降のMacBook/iMac、および2010年以降のMacBook Air/MacBook Pro/Mac mini/Mac Pro。

 なお、パブリックベータに参加するためには“Apple Beta Software Program”へのメンバー登録が必要。