ニュース

レガシーアドオン対応を継続するFirefox派生ブラウザー「Waterfox」の今後が明らかに

最新版v55.2.0とおおまかなロードマップが公開

「Waterfox」v55.2.0

 「Firefox」派生ブラウザー「Waterfox」の最新版「Waterfox」v55.2.0が、3日に公開された。本バージョンでは「Firefox」のレガシーアドオン対応を維持するための比較的大きな変更が行われた。また、Android版のリリースや今後の大まかなロードマップも併せて発表されている。

 「Waterfox」は、「Firefox」から派生したWebブラウザー。当初は独自の64bitビルドを提供している点が売りだったが、オリジナルの「Firefox」でも64bit版を提供するようになって以降は、あとで読むサービス“Pocket”の統合、新規タブページにおけるスポンサータイル、統計情報の収集といった本家「Firefox」の“余計な”機能を除去している点や、64bit版NPAPIプラグインと署名のない拡張機能の実行をサポートするなど本家「Firefox」より“柔軟な”ポリシーをもつ点などが主な違いとなっている。今後は本家「Firefox」がサポートを打ち切る“レガシーアドオン”の対応を継続することで差別化を図っていくようだ。

 今回公開されたロードマップによると、10月中旬から終わりまでに「Waterfox 56」がリリースされ、以後は「Firefox ESR」ベースでセキュリティ更新をはじめとするメンテナンスを行う。そして、それに並行して、XUL/XPCOMといった古い技術をサポートした新しいWebブラウザーの開発を進めるとのこと。具体的な実装方法は目下模索中だが、「Waterfox 56」のリリースに合わせてより詳しいロードマップが発表されるはずだ。そのほかにも、独自のアドオンストアを公開するためにサーバーのインフラストラクチャーをアップデートしているという。

プロファイルデータを独自管理するように

 なお、本バージョンではその手始めとしてプロファイルデータを独自管理するようになっている。新規インストールやアップデートの際に、既存の「Firefox」「Waterfox」からプロファイルデータを移行するかどうかが選択可能だ。これに伴い、一部の設定がリセットされてしまうことがあるので注意したい。

ソフトウェア情報

「Waterfox」
【著作権者】
Alex Kontos 氏
【対応OS】
Windows/Mac/Linux
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
55.2.0(17/10/03)