Chrome Timeline NEW

    • Chrome Timeline

      Chrome Timeline

      v1.3.0(18/07/11)
    • 「Google Chrome」の閲覧履歴をWindows 10の“タイムライン”へインポート

      フリーソフト
      対応環境 :
      Google Chrome

 「Google Chrome」の閲覧履歴を「Windows 10 April 2018 Update」以降に搭載されている“タイムライン”へインポートできる拡張機能。“タイムライン”機能を利用すると、昨日スマホで閲覧していたWebページや、3日前にモバイルPCで作り始めたドキュメントなども、手元にあるPCで簡単に遡って開くことができる。しかし、OSの純正機能と言うこともあり、「Microsoft Edge」以外のWebブラウザーで閲覧したWebページは“タイムライン”に表示されない。

 そこで、「Chrome Timeline」を導入すると、閲覧履歴を自動で“タイムライン”へインポートすることが可能になる。閲覧履歴は90秒後に自動で追加される仕組みになっている。セットアップを行うには、まずツールバーの拡張機能ボタンを右クリックする。すると、メニューが表示されるので、[オプション]メニューを選択し、拡張機能の設定画面へアクセスしよう。あとは設定画面にある[Login]ボタンから、OSのアカウントに紐づけているものと同じ“Microsoft アカウント”でログインを行えばよい。

作者名
Yutaka Tsumori 氏
公式サイト
GitHub - tmyt/chrome-timeline: Enable Windows Timeline on Chrome
https://github.com/tmyt/chrome-timeline