積層グレイブローバー

    • 積層グレイブローバー

      積層グレイブローバー

      v1.11(14/05/08)
    • 生き残った人類が集う“積層都市バベル”を舞台にしたダンジョン探索RPG

      フリーソフト
      対応環境 :
      (編集部にてWindows 7/8.1で動作確認)

 “積層都市バベル”を舞台にした、新米墓荒らしが主人公のダンジョン探索RPG。ランダムに生成されるトップビューのダンジョンを下層へと探索していきながら、宝箱より装備品や金目の物を得てキャラクターを強化し、さらにダンジョンの下層へ進むことでストーリーが進行していく。

 本作ではキャラクターのレベルが1回の探索ごとにリセットされる仕組みとなっている。そこで探索の際に必須となるのが、レベルアップした状態で探索を開始できる消費アイテム“EXP成長剤”。ただし、稼いだお金がEXP成長剤の購入費を下回ったら赤字になってしまうため、1回の探索でなるべく多くの金品を盗掘してくるのが重要となる。

 戦闘自体はオーソドックスなターン制コマンドバトル。探索中はセーブができず、戦闘に負ければ即、ゲームオーバー。『生き抜くためには金がすべて、しかし死んでは元も子もない』という墓荒らし稼業の厳しさが、システム面でも演出されている。ダンジョンからの撤退はアイテムによりどこでも行えるので、HPや回復アイテムの残りなどと相談しつつ、どこで切り上げるかの判断が求められる。ダンジョンの宝箱には鍵か罠、いずれかが必ず仕掛けられており、解除するには鍵開けや罠解除のスキルが必要。さらに、罠の種類などを調べるための調査スキルも必要となる。

 無事持ち帰った盗掘品をお金に換えるのが、他の墓荒らしを相手に行う売買交渉“ディール”だ。相手によって興味の初期値や減り方、どの程度の高値を許容するか、強気・対等・下出という3つの交渉態度への反応などに違いがある。本作はRPGツクール製で、ターン制の戦闘システムなど大枠ではツクールの機能に準じた作りだが、ディール時のカットインなどオリジナルのイラストを駆使した演出、オリジナルを含むお洒落なBGMなどで独特の雰囲気を醸し出しており、全体的な完成度の高さも光る作品となっている。

作者名
てりやきトマト
公式サイト
てりやきトマト
http://kanawo.wix.com/teritoma