Leela

    • Leela

      Leela

      v0.11.0(17/10/24)
    • 強力な囲碁AIとの対戦を楽しめるソフト

      フリーソフト
      対応環境 :
      Windows(編集部にてWindows 10で動作を確認)

 使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイスを備える強力な囲碁AI。マルチプロセッサーとGPUアクセラレーションをサポートし、さらに、深層学習(ディープラーニング)も取り入れている。ハードウェア構成によっては棋界最高位・九段の実力を凌駕するという。思考エンジンのみの配布に加え、GUI付きのインストーラー版が利用可能で、難易度の自動調整機能も搭載されている。

 本ソフトを起動すると、9路盤に4つの置石を置いた状態で対局が始まる(ユーザーは先手の黒番)。9路盤は囲碁の初心者が実戦感覚をつかむのに役立つので、初めてならばそのまま対局してみてもよいだろう。新規対局ダイアログでは、まず盤の大きさ・コミ(地のハンディキャップ)・置石の数・黒番か白番かを指定する。盤の大きさは最小で7×7マス、最大でなんと25×25マスを選択可能(標準は19×19マス)。そのほかにも思考エンジンの強さ(“Simulations”の数が大きければ大きいほど強い)と深層学習(Neural Network)を利用するかどうかを指定できる。

 本ソフトの面白い点は、バックグラウンドで思考エンジンを動作させて、候補となる着手点を示してくれるところ。たとえば[Tools]-[Show Network Probabilities]オプションや[Tools]-[Show Best Moves]オプションを有効化すると、碁盤上に着手点をヒートマップとして表示することが可能。地合いや模様(勢力圏)を可視化することもできる。なお、入門者にとって「Leela」は少し強すぎるので、囲碁の勉強をしたい場合は[File]-[New Rated Game]メニューから新規対局するのがお勧めだ。この“Rated Game”は30級から開始され、対局を通じて「Leela」がユーザーの強さをはかり、難易度を自動で調整してくれる。

作者名
Gian-Carlo Pascutto 氏
公式サイト
Sjeng - chess, audio and misc. software
https://www.sjeng.org/