ニュース

Microsoft、「Windows 10」の次期機能アップデート「バージョン 21H1」を発表

まずはWindows Insider Betaの“Seeker”に対して配布。比較的小幅なアップデートに

「Windows 10」の次期機能アップデート「バージョン 21H1」を発表

 米Microsoftは2月17日(現地時間)、「Windows 10」の次期機能アップデート「バージョン 21H1」を発表した。現行の最新版「バージョン 20H2」と同様、比較的小幅なアップデートになりそうだ。

 「Windows 10 バージョン 21H1」では認証機能“Windows Hello”でマルチカメラがサポートされるほか、セキュリティとパフォーマンスの向上が計られる。

  • “Windows Hello”のマルチカメラ対応により、カメラを内蔵したハイエンドのディスプレイを使用している場合、ユーザーが外部カメラの優先順位を選択できるように
  • ドキュメントを開くといったユースケースを最適化し、「Windows Defender Application Guard」のパフォーマンスを引き上げる
  • 「Windows Management Instrumentation(WMI)Group Policy Service(GPSVC)の更新を改善。リモート作業シナリオをサポート

 「バージョン 21H1」はまず、“Windows Insider Preview”の“Beta”チャンネルに参加しており、「設定」アプリの[更新とセキュリティ]-[Windows Update]セクションで“Windows Update”を手動でチェックしたユーザー(いわゆる“Seeker”)を対象に配信される。

 「バージョン 21H1」のOSコアは「バージョン2004/20H2」と共通で、アップグレードは“イネーブルメント パッケージ”で無効化されている機能を活性化させるだけだ。そのため「バージョン2004/20H2」からのアップグレードは、毎月のセキュリティ更新と同じ程度の比較的短い時間で済む見込み。

 正式リリースの時期は、これまでのスケジュール通りであれば今年の5月頃となる(サポート期間は一般リリース後18カ月間)。アップグレードの際に不具合がなるべく起こらないよう、AI技術を組み込んだフィードバック監視と配信制御プロセスにより段階的な配信が行われるため、実際に手元に届くのはそれ以降となるだろう。