2017年 窓の杜大賞

【結果発表】今年はWindows 10の不満を解消してくれるソフトが大賞に

 “2017年 窓の杜大賞”の結果を発表いたします。今年は有効投票数が1,225票と、多くの方に投票いただきました。この場を借りまして、窓の杜大賞に投票していただいたすべての皆様へ厚くお礼申し上げます。

 “2017年 窓の杜大賞”では、最多投票数を獲得したソフトに“窓の杜大賞”、投票数第2位のソフトに“銀賞”、第3位に“銅賞”をお贈りします。なお、惜しくも入賞を逃しましたが、2票差の4位には四国4県を舞台にした戦略シミュレーションゲーム『四国志大戦』が選ばれています。

2017年 窓の杜大賞 受賞作品

窓の杜大賞

「Windows10 設定変更ツール」

139票

【賞品】デュアルコアCPU採用、パソコン・スマホの同時接続やレコーダーのダビングなど複数機能の同時処理も高速で安定動作を実現したNAS

「リンクステーション ネットワークHDD LS520D0202」

(株)バッファロー提供

「Windows10 設定変更ツール」

 2017年の窓の杜大賞に輝いたのは、Windows 10の“Windows Update”、“自動メンテナンス”および“コルタナ”の設定を変更するためのツール「Windows10 設定変更ツール」です。Windows 10が“Windows Update”の適用後、勝手に再起動することを簡単に抑止できるのが最大の利点です。

 “Windows Update”はセキュリティの修正を含むことが多いため、必ず適用しておきたいものですが、作業中に強制再起動されないよう自分で再起動のタイミングをコントールしたいという需要は大きいようです。Windows 10の「設定」アプリでも“アクティブ時間”ある程度はコントロールできますが、作業中のファイルが消えてしまうリスクを考えると、本ソフトできめ細かな設定を行うことにメリットを感じる読者が多いようです。

 投票者の皆様からは、『Windows 10になり戸惑っていた部分や不満を解消できるソフトでありがたかった』『細かい設定ができて重宝しているので』といった愛用者の方からのコメントが多く寄せられました。

 また、『Windowsの痒いところに手が届くフリーソフトの鑑のようなソフトだからです』『この手の作業こそ、フリーソフトの真骨頂かなぁと』といった、フリーソフトならではの機能を評価する声も多数ありました。

銀賞

「Pale Moon」

109票

【賞品】話しかけるだけでWeb検索や音楽の再生、予定の管理、スマートホームの操作ができるスマートスピーカー&ホームアシスタント

「Google Home」

Google 製

「Pale Moon」

 銀賞に輝いたのは、「Firefox」からフォーク(分岐)したオープンソースのWebブラウザー「Pale Moon」です。本家の「Firefox」が「Firefox Quantum」となり、拡張機能の仕組みを“WebExtensions”へ移行する中、“Gecko”から派生した独自のレイアウトエンジン“Goanna”を採用し、従来型の“レガシーアドオン”をサポートし続けていることで注目を集めています。

 投票者の皆様からも、『Firefox 57から旧アドオンが使えなくなった今、貴重な旧アドオンが使える便利なブラウザーだと思います』『Firefoxで従来のアドオンが使えなくなってしまい困っていたところに、Pale Moonを見つけて非常に助かりました。』といった、“レガシーアドオン”をサポートし続けていることを評価する声が多数寄せられました。

 また、『Firefoxの革新は望ましいが、機能削減の代償は大きすぎたため、いいとこ取りして進化していくことに期待したいため。』『普段から使っているので頑張ってほしい』といった今後に期待するコメントもありました。

銅賞

「DriverMax 9 Free」

108票

【賞品】Windows Hello対応のUSB顔認証カメラ

「クッションマッサージャ HM-341」ブラウン

オムロンヘルスケア(株) 製

「DriverMax 9 Free」

 銅賞に選ばれたのは、システム内のドライバーをバックアップ・リストアする機能を備えたドライバー更新ソフト「DriverMax 9 Free」です。パソコンにインストールされているドライバーをスキャンし、古いバージョンであれば最新のものをダウンロード・インストールすることが可能です。

 投票者の皆様からは、『ドライバーの更新が簡単にでき、最新に保てるので、安心してPCを使用できる』といったその手軽さを評価する声が多数寄せられたほか、『もらい物の自作PCで多発していたブルースクリーンを解決することができたため』といった、実際に問題を解決できたというコメントもありました。