意外と知らないChromeのTips

Chromeには3種類の“再読み込み”があるって知ってた? Webページ上の画像などを最新の状態にするテク

最強のリロード“キャッシュの消去とハード再読み込み”を使う方法

 パソコンやスマートフォンでWebサイトの閲覧に「Google Chrome」を利用している方は多いだろう。しかし、最初に覚えた使い方を続けていないだろうか。Googleに関連するサービスは進化し、便利な機能が日々提供されている。何となく不便を感じているなら、見逃している機能やサービスがあるかも。普段からGoogleを使っている方も、不慣れな方も、そのままではでは勿体ない。本連載では、「Google Chrome」やGoogleの提供するサービスに関して知っていると得するTipsを紹介したい。

“再読み込み”には3段階の強さがある

Chromeの3つのリロード

 なかなかWebページが表示されない時や、SNSのタイムラインを更新したいときなど、Webページのリロード(再読み込み)はごく普通の操作だろう。ところでChromeには、3つのリロードが用意されていることをご存じだろうか。“通常の再読み込み”・“ハード再読み込み”・“キャッシュの消去とハード再読み込み”だ。順にリロードの強さが異なる。

“通常の再読み込み”では画像が更新されないことがある

 “通常の再読み込み”は、ツールバーにある[このページを再読込します]ボタンをクリックするいわゆるリロード。使用頻度が高いので[Ctrl]+[R]キー(または[F5]キー)のショートカットを覚えてくと便利だ。ただし、この方法では更新された画像などが古いまま残ってしまうことがある。

画像なども更新できる“ハード再読み込み”

 “ハード再読み込み”は表示しているWebページから直接参照している画像ファイルやCSSファイルなどのキャッシュを破棄してリロードする。キャッシュとは、過去に表示したWebページの情報を一時的に保存しておく仕組みで、表示を高速化する効果がある。

 しかし、最新の情報を表示したいときには不都合なこともある。Webページの表示崩れや画像が更新されない場合や、クラウドにアップし直したはずのPDFファイルが更新されない時などに試してみるといいだろう。Web開発などでキャッシュの消去に手慣れている方もいるだろうが、設定画面をいちいち呼び出すのも面倒だ。ショートカットキーは[Ctrl]+[Shift]+[R]キー(または[Shift]+[F5]キー)だ。

さらにっ徹底的に更新する“キャッシュの消去とハード再読み込み”

 3つ目の“キャッシュの消去とハード再読み込み”は、“ハード再読み込み”に加えて2次的なキャッシュも破棄してリロードする。例えば表示中のWebページで実行されるJavaScriptから動的に読み込まれるファイルなどのキャッシュを更新可能だ。一般的なユーザーなら、“Webアプリの動作が変だからとにかく全部読み込み直したい”といった時の最終手段と考えていいだろう。

 ショートカットキーはない。[F12]キーを押して[デベロッパーツール]を呼び出し、ツールバーにある[このページを再読込します]ボタンを右クリック、または長押しして表示されるメニューから機能を選択する。

[デベロッパーツール]を呼び出すには[F12]キーを押す
ツールバーにある[このページを再読込します]ボタンを右クリック(または長押し)して表示されるメニューから選択可能