ニュース

「GitHub Copilot」がプレビュー公開 ~関数名やコメントをみたAIが勝手にコーディング

AIとペアプログラミングをしているかのような感覚で効率のよい開発が可能

「GitHub Copilot」のWebサイト

 米GitHubは6月29日(現地時間)、「GitHub Copilot」のテクニカルプレビューを開始した。人数限定でテストへの参加を受け付けている。

 「GitHub Copilot」は、人工知能(AI)技術を活用したコーディング支援機能。「GitHub」で公開されている何十億行ものパブリックコードでトレーニングしたモデルがドキュメント文字列、コメント、関数名などから文脈を把握し、プログラマーが書こうとしていたコードを予測して補完することができる。

 「GitHub Copilot」はOpenAIと共同で開発されており、OpenAIが開発した新しいAIシステム「OpenAI Codex」を利用している。「OpenAI Codex」のコード生成能力は、評価の高い「GPT-3」よりもさらに上を行くという。

 もちろん、それでも完全なコードを提示できるわけではないが、プログラマーが「どうやって実装しよう」と悩む前にサンプルを提示してくれるので、時間を大幅に節約できるのはうれしいポイント。ライブラリやAPIの使い方をインターネットで検索する手間も省ける。プログラマーは「Copilot」の示すコードを叩き台にして、間違っているところを修正したり、よりよいコードを考えることにリソースを集中することが可能で。まるでAIとペアプログラミングをしているかのような感覚を味わえる。

「GitHub Copilot」のWebサイト

 今回公開されたテクニカルプレビューでは「Python」、「JavaScript」、「TypeScript」、「Ruby」、「Go」といったプログラミング言語がサポートされているが、「GitHub Copilot」自体はプログラミング言語や開発フレームワークに中立で、他のプログラミング言語にも対応できるという。