ニュース

「Windows 11 Insider Preview」Build 22463がDevチャネルで提供開始

[Ctrl]+[Shift]+[C]キーでフォルダー・ファイルのパスをコピー可能に

「Windows 11 Insider Preview」Build 22463がDevチャネルで提供開始

 米Microsoftは9月22日(現地時間)、「Windows 11 Insider Preview」Build 22463を「Windows Insider Program」のDevチャネルに参加しているテスターに対して公開した。すでに導入済みの場合は「設定」アプリの[Windows Update]セクションからアップグレードできる。

 今回のアップデートは、既存機能の改善と修正が主。タスクバーのボタンが中央より右にずれ、オーバーフロー下部分がタスクトレイに切り取られてしまう問題などが解決されている。

 ほかに目新しい変更としては、「エクスプローラー」でファイルまたはフォルダーを選択した状態で[Ctrl]+[Shift]+[C]キーを押すと、当該アイテムのパスをクリップボードへコピー―できるようになったことが挙げられる。[クイック設定]の音量スライダーの右側には[オーディオ デバイスの管理]というアイコンが追加され、出力デバイスへのアクセスが簡単になった。また、[スタート]画面の[すべてのアプリ]にあった[Windows 簡単操作]フォルダーは[アクセシビリティ]へと改名されている。

[クイック設定]の音量スライダーの右側には[オーディオ デバイスの管理]というアイコンが追加

 なお、本ビルドにあわせ、「PowerToys」がWindows 11の「ストア」アプリ(Microsoft Store)から入手できるようになったこともアナウンスされた。「PowerToys」はパワーユーザー向けに提供されているMicrosoft公式のシステムユーティリティ群で、Windowsの使い勝手を高めてくれる。これまでは「GitHub」のプロジェクトページなどからインストーラーをダウンロードしてセットアップする必要があったが、「ストア」アプリから簡単に行えるようになったのは手軽でよい。

 Devチャネルは、アクティブな開発ブランチ(RS_PRERELEASE)から最新のビルドを受け取ることのできるチャネル。新しい機能をいち早く試したい場合には向いているが、十分な安定性が確保されているとは限らず、ときに重要な機能が利用できなくなったり、回避策を必要とする問題が発生する可能性がある。起動できなくなったPCを自力で復旧できないユーザーや、業務やプライベートで日常的に利用しているデバイスにはおすすめできないので注意したい。代わりにBetaチャネルやRelease Previewチャネルの利用をお勧めする。