ニュース

Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」「macOS Monterey」「watchOS 8」を発表

デベロッパ向けプレビューは同日より、一般向けベータは来月提供。正式版は今秋

Apple、「iOS 15」、「iPadOS 15」、「macOS Monterey」、「watchOS 8」を発表

 米Apple は6月7日(現地時間)、開発者向けのイベント「WWDC 2021」で「iOS 15」、「iPadOS 15」、「macOS Monterey」、「watchOS 8」を発表した。デベロッパ向けプレビューは同日より、「developer.apple.com」を通じて「Apple Developer Program」メンバーに提供される。一般ユーザーに対しては来月中にパブリックベータが「beta.apple.com」で提供される予定。正式リリースは今秋で、アップデートは無償だ。

「iOS 15」

 iPhone/iPod touch向けの次期OS「iOS 15」は、ユーザーのつながりを保つためのコミュニケーション・コンテンツ共有機能を強化。「FaceTime」では空間オーディオ、ポートレート、背景ぼかし、グループチャットでのグリッド表示などの機能が投入される。

ユーザーのつながりを保つためのコミュニケーション・コンテンツ共有機能を強化した「iOS 15」

 なかでも注目は、仲間とともにコンテンツを楽しめる「SharePlay」だろう。「Apple Music」で一緒に曲を聴いたり、テレビ番組や映画を観たり、画面を共有してアプリケーションを使うことができる。

 また、「FaceTime」通話がApple製デバイス以外にも解放され、WindowsやAndroidのユーザーもWebブラウザーから通話に参加できるようになる。Web版「FaceTime」通話は従来通りエンドツーエンドで暗号化されるので、プライバシー侵害の心配はない。

 一方で、つながりや誘惑を断ち、タスクに没頭したり、ゆっくり休むための機能も強化される。たとえば、ユーザーは独自の「集中モード」を作成して特定のユーザーやアプリからのみ通知を受け取るようにすることが可能。デバイス側から「仕事」や「睡眠」のような「集中モード」を提案してくれることもある。通知システムも再設計されており、デバイスの人工知能(AI)技術を活用して通知を優先度順に整理してくれるようになる。クラウドで処理するのとは異なり、インターネット接続がないところでも使えるほか、プライバシー保護の点でもメリットがある。

 AI技術は、通知だけに用いられているわけではない。検索機能「Spotlight」は写真の場所、人々、風景、被写体を識別して探せるようになるほか、OCR機能「テキストの認識表示」(Live Text)でテキストや手書き文字を認識して探すことができる。

 そのほかにも、「地図」アプリの強化、身分証明書に対応するAppleウォレット、プライバシー機能の拡充、再設計された「天気」「メモ」アプリ、AirPods ProとAirPods Maxにも対応した「探す」、「iCloud」のプレミアム機能「iCloud+」など、多くの新要素が含まれる。「Safari」はコンテンツ中心・片手による操作に最適化してUIを再設計。新しいタブバーやMacとも同期可能な「タブグループ」が導入される。デスクトップでお馴染みの拡張機能も導入される。

 「iOS 15」は「iPhone 6s」以降でサポートされる。

「iPadOS 15」

 iPad向けの「iPadOS 15」では、ホーム画面へのウィジェット配置やiOSの「App Library」への対応などがトピックとなる。マルチタスク機能も強化され、生産性の向上が図られた。Apple Pencilですぐにメモが取れる「クイックメモ」、システムワイドで利用できる翻訳機能などもサポートされる。

「iPadOS 15」

 また、iPad上の「Swift Playgrounds」でiPhone/iPadアプリを開発できるようになったのも大きな改善といえるだろう。iPadで作成したプロジェクトは、Macの「Xcode」に引き継ぐことができる。アプリをストアに提出することも可能だ。

iPad上の「Swift Playgrounds」でiPhone/iPadアプリを開発

「watchOS 8」

 Apple Watch向けOSの最新バージョンとなる「watchOS 8」には、マインドフルネスを実施する新しいアプリ「リフレクト」、iPhoneで撮影したポートレート写真を文字盤にする機能などがサポートされた。スマートホーム機能「HomeKit」との連携も強化される。

「watchOS 8」で追加・強化された機能

「macOS Monterey」

 デスクトップ向けのOSの次期バージョンは、「macOS Monterey」となることが明らかにされた。

デスクトップ向けのOSの次期バージョンは「macOS Monterey」

 目玉になりそうな機能は、「ユニバーサル コントロール」(Universal Control)だ。一組のマウスやキーボードで複数のMacとiPadをシームレスに操作したり、簡単にデータをやり取りできる。

一組のマウスやキーボードで複数のMacとiPadを操作したり、簡単にデータをやり取りできる、「ユニバーサル コントロール」

 また、「AirPlay」がサポートされた。ホームネットワークで再生しているコンテンツをMacでもストリーミング再生できるようになる。また、「iOS 13」で導入された「ショートカット」アプリもMacに対応。「iOS 15」の「FaceTime」のアプリケーションウィンドウ共有、「集中モード」、OCR機能「テキストの認識表示」、「Safari」の「タブグループ」なども導入される。

 開発者向けの機能としては、複数の写真から3Dモデルを合成する「Object Capture API」が導入される。プログラミング言語「Swift」ではasync/awaitパターンを利用した並列処理の記述が可能となる。

一方で、日本では利用できない機能も

 なお、今回紹介された新機能の一部は日本でサポートされないので注意。

  • OCR機能「テキストの認識表示」(Live Text)
  • Apple Walletのデジタル身分証明書
  • 「地図」アプリの一部機能
  • 「ヘルスケア」アプリの電子カルテ