ニュース

Microsoft、当初の計画を前倒しして「Windows 11」の提供範囲を拡大

アップグレードされた環境から得られたフィードバックがおおむね良好なため

Windows 10のリリースヘルスダッシュボードにおける告知

 米Microsoftは11月16日(現地時間)、「Windows 11」の配信ステータスをアップデートした。同社は最新世代の機械学習(ML)モデルを活用してフィードバックを監視しながら慎重にWindows 11のロールアウトを進めているが、アップグレードされた環境から得られたフィードバックはおおむね良好のようだ。そこで同社は当初の発表よりも速いペースで展開を進めることに決めたという。

 利用中のWindows 10デバイスがロールアウトの対象になると、「設定」画面の[更新とセキュリティ]-[Windows Update]セクションに「Windows 11へのアップグレードの準備ができました」という案内が表示される。Windows 11へのアップグレードを望む場合は、[ダウンロードしてインストール]ボタンを押してインストールプロセスを開始できる。Windows 10にとどまりたい場合は、「今は Windows 10 の使用を継続します」というリンクをクリックすればよい。

「設定」画面の[更新とセキュリティ]-[Windows Update]セクションに「Windows 11へのアップグレードの準備ができました」という案内が表示される

 Windows 11へのアップグレードが案内されない場合は、[Windows Update]セクションから「PC 正常性チェック」(PC Health Check)ツールをダウンロード・実行し、デバイスがWindows 11の最小システム要件を満たしているかどうかをチェックできる。

Windows 11へのアップグレードが案内されない場合は、デバイスがWindows 11の最小システム要件を満たしていない可能性がある。「PC 正常性チェック」(PC Health Check)ツールで確認しよう

 なお、Windows 11へアップグレードするにはデバイスに「Windows 10 バージョン 2004」以降がインストールされており、かつ2021年9月14日のサービスアップデート以降が適用されている必要がある。

 Windows 11のリリース当初は、AMDのRyzen CPUを搭載したシステムで顕著なパフォーマンス低下が見られたほか、レジストリに非ASCII文字を利用するアプリに非互換問題が発見されていたが、これらは最新の月例更新プログラムなどで解決されている。