やじうまの杜

報道番組で見かける“再現映像”が素人でも簡単に! メガソフトの新作がスゴい

今ならベータ版をタダで試すことができる

 “やじうまの杜”では、ニュース・レビューにこだわらない幅広い話題をお伝えします。

「3D事件・事故イラストデザイナー」

 テキストエディター「MIFES 10」や3Dグラフィックスソフトの開発で知られるメガソフトが、「3D事件・事故イラストデザイナー」というソフトを新たに公開しました。現在、ベータ版として期間限定で無償公開されています。

 このソフトの面白い点は、事件や事故の3D再現図を作ることに特化している点です。人物やクルマ、道路、火炎や衝突のエフェクトなどが一通りそろっており、報道番組でよく見かける“再現映像”が素人でも簡単に作れる……のだそう。おまけ(?)として簡単な住宅作成機能も搭載されています。

サンプル1:アパートのゴミ置き場(?)で発生した火災
サンプル2:リビングの火災。たばこの不始末でゴミ箱が子が燃えたというシチュエーションでしょうか
サンプル3:交差点での多重事故
視点も自由に変えられます

 早速、筆者も作成してみました。この前、実際に歩道から目撃した乗用車とバイクの右直事故がモデルです(幸い、バイク側が徐行していたため大事には至りませんでした)。

乗用車とバイクの右直事故を再現。上面図でクルマやバイク、ヒトを配置してカメラの視点を指定。パース図で確認

 3Dグラフィックスソフトの扱いには慣れていない筆者ですが、10分ほどイジるだけでこれぐらいのものが簡単にできました。道路とバイク、クルマ、ヒトを設置してマウスで位置を調整し、衝突エフェクトを置いただけ。

 バイクにヒトをまたがらせるところがちょっと難しかったですが、ヒトのモデルを選択し、右のサイドペインで肩・肘・膝・足などの可動部分を選び、スライダーを調整してぐるぐる回しているうちに、ちゃんとバイクに乗ってる感じを再現できました……実は左半身しかちゃんと設定してないのですが、カメラアングル次第ではこれで十分。

バイクにヒトをまたがらせるところがちょっと難しかったですが、ほかは簡単でした

 目的が限定されているだけでも、ずいぶんとっつきやすくなるもんですね……これだったら、3Dグラフィックスソフトに慣れていない人でも使いやすいのではないでしょうか。事故現場の説明図を作りたいと思っている保険屋さんなんかは重宝しそうです。“Twitter”でシェアされている画像を眺めているだけでも楽しいですよ。

 とはいえ、日常的にこういう作図が必要なユーザーはそう多くなさそうなので、買い切りソフトという形式での提供だけでなく、オンラインサービスなどでスポット利用できると便利かもしれませんね。

 「3D事件・事故イラストデザイナー」ベータ版はWindows 7/8/8.1/10に対応しており、インストール後60日間無償で試用可能。ダウンロード提供は8月31日まで行われるそうです。