Windows Insider Preview

Windows 11の新旧コンテキストメニューを[Shift]キーの押し下げで切り替え可能に

シンプルな新デザインと機能豊富な旧デザインを使い分け

 このコーナーでは、「Windows 11 Insider Preview」ビルドでテストされている最新のOS機能を紹介します。内容は随時アップデートされます。

 ただし、テストの結果、紹介した機能が製品版OSに搭載されないこともあります。あらかじめご留意ください。

無秩序かつ長大になりがちな旧デザインのコンテキストメニュー

 Windows 10までの「エクスプローラー」は、アプリケーション側で自由に右クリックメニュー(コンテキストメニュー)へコマンドを追加できた。これはよく使うコマンドが手軽に呼び出せて便利な一方で、コンテキストメニューが無秩序に・長大になりがちだという欠点を抱えていた。

 そこでWindows 11ではコンテキストメニューの設計が大胆に見直され、モダンでシンプルなデザインになった。以下のその特徴を列挙する。

  • Windows 11のデザイン原則「Fluent Design System」に準拠したデザイン
  • [切り取り]、[コピー]、[貼り付け]、[削除]、[共有]、[名前の変更](リネーム)といったよく使うコマンドをアイコン化し、一番上へ横並びに配置
  • その下にフォルダーやファイル固有のコマンドを設ける
  • サードパーティ製アプリのコマンドはその下に追加。コマンドはアプリごとにサブメニューでグループ化される
  • 最後に[その他のオプションを表示]コマンド([Shift]+[F10]キー)。以前のコンテキストメニューはこのコマンドからアクセスできる
デスクトップの右クリックメニュー
フォルダーの右クリックメニュー
テキストファイルの右クリックメニュー
画像ファイルの右クリックメニュー

 これによりコンテキストメニューは非常にコンパクトになり、使い勝手も向上したが、実は旧デザインのコンテキストメニューを望むユーザーは少なくない。新デザインのコンテキストメニューにもいくつかの問題があるからだ。

  • 愛用のアプリが新デザインのコンテキストメニューに対応しておらず、毎回[その他のオプションを表示]コマンドの利用を余儀なくされる
  • [送る]コマンドがない
  • 手に馴染んだ操作をなるべく変えたくない

 そのため、コンテキストメニューを新デザインから旧デザインへ切り替えるオンラインソフトもいくつか開発されている。

 MicrosoftはこうしたオプションをOSに用意する気がないようだが、ユーザーの不満を無視しているわけではない。「Windows 11 Insider Preview」Build 22572では、[Shift]キーを押しながら右クリックした場合は、旧デザインのコンテキストメニューを表示する機能が導入された。[Shift]+[F10]キーを押したときと同様、わざわざ[その他のオプションを表示]コマンドにアクセスしなくても従来のコンテキストメニューが利用できる。

リリース状況

  • 2022/03/09:Build 22572(Dev)で実装