初月100円!オススメGame Pass作品

俺は不死身のヤギだ! 街や人を破壊し尽くすシュールなアクション「Goat Simulator」

物理エンジンで真面目に破壊行為を表現! 当然ヤギも飛ばされる!

 超大作からインディーまで、100本以上の多彩なPCゲームが月額850円で遊び放題になるサービス「PC 用 Xbox Game Pass」。本連載ではその中から、おすすめのゲームをご紹介する。本サービスは初月のみ88%OFFの100円で利用できるので、気軽にお試しいただきたい。なお対応タイトルは入れ替えがあり、後日提供終了となるものもあるので注意。現時点でのタイトル一覧はこちら

「Goat Simulator Windows 10」のタイトル画面

 今回紹介する「Goat Simulator Windows 10」(ゴートシミュレーター)は、ヤギ(ゴート)を題材にしたアクションゲーム。ヤギを育てるゲームではなく、ヤギをロールプレイするゲームでもない。ヤギを操作して様々なものを破壊するゲームである。

 タイトルは「Goat Simulator」だが、断じてヤギのシミュレーターではない。プレイヤーは不死身のヤギを操作し、街にある人や物に体当たりし、吹っ飛ばしたり破壊したりすることで得点が得られるというゲーム。操作は[W][A][S][D]キーで移動、スペースキーでジャンプ、マウスで視点移動など、FPS系のゲームと概ね共通している。

 攻撃や破壊を続けるとコンボになり、得点が加算されていく。頭突きや舐める、鳴くなどの操作も可能で、コンボに組み込むことで得点倍率が上がっていくものもある。うまく操作すれば、垂直の壁を駆け上がるなどの特殊なアクションも可能だ。

ヤギを操作して遊ぶゲーム
物に体当たりして壊せば得点
人を吹っ飛ばして舐めても得点

 ここまでの説明でお察しのとおり、本作はいわゆるバカゲーの類である。ただ本作のすごいところは、ヤギや物体の挙動が真面目に物理エンジンで作られている点。積まれた木箱を頭突きすればガラガラと崩れ落ちるし、遊園地で回転する遊具に突撃すればヤギ自身も綺麗な放物線を描いて吹っ飛ばされる。リアルな挙動とまでは言えないものの、バカゲーの割に真面目な物理計算をしているのがシュールさを感じさせる。

多くのものを一度に吹き飛ばすと、物理エンジンのおかげで美しく壊れていく
ヤギ自身も物理エンジンで飛ばされたり倒れたりする

 ゲームとしては、達成目標となるクエストがいくつも用意されており、すべてのクエストの達成を目指すのも遊び方の1つ。とはいえプレイの時間制限はなく、クエストを達成しないからといってペナルティもない。ただヤギで街を破壊し続けてストレス解消するゲームとして楽しんでも構わない。

クエストの達成もゲームの目的の1つだが、別にやらなくてもいい
何をやって楽しむかはプレイヤーの自由だ

 ヤギは時に暴走気味の車に轢かれたり、爆発の炎が体に燃え移ったり、高所から落下したり、海中に水没したりもするが、不死身なので問題ない。操作もやることもシンプルなので、難しいことを考えずにまずは遊んでみていただきたい。開発元が「多くのバグあり! 故障するようなバグのみを除いており、その他の全ては愉快なものなので残してあります」と製品情報ページで公言しているゲームなので、考えるだけ無駄だ。

ヤギは不死身なので燃えても大丈夫
遊園地の遊具に乗ったりもできる(ただしこの後、高速で空中に放り出される)