ニュース

「Chrome OS」のリリーススケジュールも6週間→4週間へ ~企業・教育機関向けには6カ月サイクルの新チャネルを用意

「Chrome」のリリースサイクル移行に伴い「Chrome OS 95」はスキップ

「Chrome OS」のリリーススケジュールが変更

 米Googleは6月11日(現地時間)、「Chrome OS」のリリーススケジュールを変更する計画を明らかにした。同社は今年3月、「Google Chrome」のリリース間隔を6週間から4週間に短縮する計画を発表していたが、「Chrome OS」もそれに追随させる。

 まず、一般ユーザー向けの安定(Stable)チャネルは、第4四半期の「Chrome OS 96」(M96)から4週間ごとに提供される。ユーザーに新機能をより迅速に届ける同時に、「Chrome OS」の重要な柱であるセキュリティ、安定性、スピード、シンプルさを引き続き優先するためだという。

 一方、企業や教育機関のユーザー向けには、6カ月のアップデートサイクルをもつ新しいチャネルが導入されるとのこと。詳細は近日中に発表されるという。ちなみに、「Chrome」には8週間間隔の「Extended Stable」オプションが提供される予定だ。

 なお、「Chrome」がM94から4週間リリースに移行する関係で、「Chrome OS 95」(M95)はスキップされるとのこと。

  • Chrome OS:10月14日リリース(Google Chrome 94は9月21日)
  • Chrome OS:リリースなし(Google Chrome 95は10月19日)
  • Chrome OS:11月30日リリース(Google Chrome 96は11月16日)