ニュース

「LibreOffice 7.6.1 Community」が公開 ~系統初のマイナーアップデート

フリーのオフィス統合環境、テクノロジー愛好家やパワーユーザー向けバージョン

The Document Foundation、「LibreOffice 7.6.1 Community」を公開

 The Document Foundation(TDF)は9月14日(中央ヨーロッパ時間)、「LibreOffice 7.6.1 Community」を公開した。「LibreOffice 7.6」系統初のマイナーアップデートとなる。

 「LibreOffice」にはテクノロジー愛好家やパワーユーザーを対象とした最新(Fresh)版と、既存機能の改善に注力した安定(Still)版の2つがある。今回リリースされた「LibreOffice 7.6.1」は前者で、さまざまな新機能が含まれている。

 一方、保守的な運用が望ましい環境では「LibreOffice 7.5」シリーズが適している。現行バージョンは1月にリリースされた「LibreOffice 7.5.6」。すでに複数のマイナーアップデートを経ており、不具合はほぼ出尽くしているため、Fresh版よりも安心して利用できるだろう。

 「LibreOffice」は、クロスプラットフォームで動作するオープンソースのオフィス統合環境。Windows/Mac/Linuxなどに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在「libreoffice.org」から無償でダウンロードできる。Windows版はWindows 7 SP1以降をサポートしており、窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。

ソフトウェア情報

「LibreOffice」v7.6系統
【著作権者】
LibreOffice contributors
【対応OS】
Windows 7/8/10/11およびWindows Server 2012~2022
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
7.6.1(23/09/14)