ニュース

デスクトップ向け「Google Chrome 84」に今月2回目のセキュリティアップデート

深刻度は“High”の問題を1件修正。v84.0.4147.135への更新を

「Google Chrome」v84.0.4147.135

 米Googleは8月18日(現地時間)、デスクトップ向け「Google Chrome」の最新安定版v84.0.4147.135を公開した。今月に入って2回目のセキュリティアップデートとなっている。

 本バージョンで対処された脆弱性は、全部で1件。Microsoft Browser Vulnerability Researchによって報告された「SwiftShader」(GPUではなくCPUを利用するOpenGL ES実装)におけるヒープバッファーオーバーフローの問題(CVE-2020-6556)が解決された。深刻度の評価は、同社基準で4段階中上から2番目の“High”。

 デスクトップ向け「Google Chrome」はWindows/Mac/Linuxに対応しており、現在、同社のWebサイトから無償でダウンロード可能。Windows版は、64bit版を含むWindows 7/8/8.1/18に対応する。すでにインストールされている場合は自動で更新されるが、設定画面(chrome://settings/help)から手動でアップデートすることもできる。