いまさら聞けないExcelの使い方講座

【Excel】リボンの使わないタブは非表示に!エクセルのリボンをカスタマイズしてもっと使いやすくするテク

リボンをもっと使いやすくカスタマイズしたい!

 普段Excelを使っている時、リボンに表示されているタブからいろいろな操作を行っていますよね。でも、「表示されていても一度も使ったことのないタブがある……」という方も少なくないのではないでしょうか。

 あまり使わないタブが表示されていると、使うタブを探す時間がかかったり、誤って別のタブをクリックしたりして、作業の効率が落ちる原因になることもあります。

 今回は、リボンに表示するタブを変更したり並べ替えたりするテクニックと、よく使う機能を新しいタブにまとめるテクニックを解説します。

基本編:「Excelのオプション」からリボンに表示するタブを変更・並べ替え

 まずは基本のテクニックとして、リボンに表示するタブを変更し、並べ替えてみましょう。

 Excelを起動し、ブックを開きます(①)。ブックはどんなものでも構いません。ここでは新規ブックを開いています。ブックを開いたら、[ファイル]タブ(②)をクリックします。

 最初に開いたのが新規ブックの場合は[開く]画面、新規ブックでない場合は[情報]画面が表示されます。どちらの画面でも画面左側に表示されるメニューの[オプション](③)をクリックします。

 [Excelのオプション]画面が表示されます。画面左側のメニューの[リボンのユーザー設定](④)をクリックします。

 画面右側の[メインタブ]欄に、タブの一覧が表示されます。現在の設定で表示されるタブのチェックマークはON、表示されないタブのチェックマークはOFFになっているので、表示するものをON、表示しないものをOFFに変更(⑤)します。

 表示するタブを選択したら、次はタブを並べ替えましょう。タブは、画面右側の[メインタブ]内の一覧に並んでいる順で、リボンに左から表示されます。ここでは、[ページレイアウト]タブが一番右側に表示されるように変えてみます。[メインタブ]内の[ページレイアウト](⑥)を選択し、画面右端の[▼](⑦)をクリックします。

 [▼]をクリックした数だけ、選択した[ページレイアウト]が下に移動していきます。[ページレイアウト]がリボンに表示されるタブの中で一番下まで移動(⑧)したら、[OK](⑨)をクリックします。

 リボンに表示されるタブが選択したものだけになり、設定した順番に並べ替えられました(⑩)。

上級編:よく使う機能を新しいタブにまとめる

 続いて、上級編のテクニックとして、自分で新しくタブを作って、そこによく使う機能をまとめる方法を解説します。Excelは機能がたくさんあって、どの機能がどのタブに入っていたか、覚えきれないくらいですよね。よく使う機能を集めたタブを自分で作ってしまえば、使う機能をリボンから探す手間が省けます。

 ここでは、印刷に関連する機能を新しいタブにまとめてみましょう。先ほどと同じ[Excelのオプション]画面の[リボンのユーザー設定]で、画面の右下にある[新しいタブ](①)をクリックします。

 [メインタブ]内に、[新しいタブ(ユーザー設定)]と[新しいグループ(ユーザー設定)](②)という項目ができました。まず、この[新しいグループ(ユーザー設定)]に、印刷関連の機能を追加していきます。画面左側の[コマンドの選択]の下に表示されているコマンドの一覧から、まず[クイック印刷](③)をクリックし、画面中央の[追加](④)をクリックします。

 [新しいグループ(ユーザー設定)]に[クイック印刷](⑤)が追加されました。

 同様にして、新しいグループに追加したい機能(ここでは[印刷プレビューと印刷]、[印刷範囲の設定])(⑥)を追加します。機能の追加が終わったら、タブの名前を変更しましょう。[メインタブ]内の[新しいタブ(ユーザー設定)](⑦)をクリックして選択したあと、[名前の変更](⑧)をクリックします。

 [名前の変更]ダイアログボックスが表示されます。[表示名]に、タブに付けたい名前(ここでは「印刷」)(⑨)を入力し、[OK](⑩)をクリックします。

 新しいタブの名前が[印刷(ユーザー設定)](⑪)に変わりました。続いて、新しいグループの名前も変更しましょう。[新しいグループ(ユーザー設定)](⑫)をクリックして選択し、[名前の変更](⑬)をクリックします。

 [名前の変更]ダイアログボックスが表示されます。[表示名]に、グループに付けたい名前(ここでは「印刷関連コマンド」)(⑭)を入力し、[OK](⑮)をクリックします。

 新しいグループの名前が[印刷関連コマンド(ユーザー設定)](⑯)に変わりました。これで設定は完了なので[OK](⑰)をクリックします。

 ちなみに、新しく作ったタブやグループの名前の後に「(ユーザー設定)」と表示されるのは、この[Excelのオプション]画面上だけです。実際のExcelの画面で表示されるタブには表示されません。

 画面がExcelのシートに戻ります。リボンに新しく[印刷]タブ(⑱)が追加されました。タブをクリックすると、[印刷関連コマンド]グループ(⑲)に、追加した機能がまとまっています。

リボンをカスタマイズしてもっと使いやすいExcelにしよう!

 今回は、リボンに表示するタブを変更して並べ替えるテクニックと、よく使う機能を新しいタブにまとめるテクニックを解説しました。

 表示するタブをよく使うものに絞っておけば、操作時に迷うことも少なくなり、作業効率がよくなります。また、よく使う機能を新しいタブにまとめておけば、「あの機能はどのタブにあったかな?」などと探すこともなくなりますよね。

 今回の記事で解説したテクニックを活用して、Excelをより使いやすくカスタマイズしてみてください。