いまさら聞けないExcelの使い方講座

【Excel】新規ブックの作成は一瞬で済ませたい!エクセルのブック作成時短テク2選

新規ブックの作成には意外と時間がかかる…?

 みなさんは、どのように新規ブックを作成していますか。多くの読者は、Excelを起動した時に表示されるスタート画面から作成するか、[ファイル]タブ→[新規]で作成しているのではないでしょうか。

 以前の記事では、Excel起動時にスタート画面をスキップしていつでも新規ブックをすぐに開けるようにするテクニックを解説しましたが、Excel起動時だけでなく、ブックを開いている状態から別のブックを新しく作成したい時にも役立つ時短テクニックがあることをご存知でしたか?

 今回は、Excelで作業途中でも新規ブックをパッと作成できるテクニックを2つ解説します。

テクニック1:クイックアクセスツールバーを活用する

 1つ目は、Excelの画面左上のクイックアクセスツールバーからブックを新規作成できるように設定するテクニックです。

 Excelを起動してブックを開いておきます。開くブックはどんなものでも構いません。画面左上にあるクイックアクセスツールバーの一番右側に表示されている、下向きの矢印のような形のアイコン(①)をクリックします。

 クイックアクセスツールバーの下に表示される[クイックアクセスツールバーのユーザー設定]メニューから、[新規作成](②)をクリックします。

 クイックアクセスツールバーに、書類の形のアイコン(③)が追加されます。これが[新規作成]のアイコンです。

 この[新規作成](④)をクリックすると、新規ブックが作成されます(⑤)。

 このテクニックを使ってクイックアクセスツールバーに[新規作成]のアイコンを表示させておけば、いつでもクイックアクセスツールバーからブックを新規作成できます。

 クイックアクセスツールバーから[新規作成]を削除したい時は、先ほどと同じ下向きの矢印のアイコン(⑥)をクリックし、表示されるメニューの[新規作成](⑦)をクリックします。

 クイックアクセスツールバーに表示される機能は、このメニューを表示した時に機能名の左側にチェックマークが付きます。メニューでチェックマークが付いている機能をクリックすると、チェックマークが消えて、クイックアクセスツールバーからも削除されます。

テクニック2:ショートカットキーでブックを新規作成する([Ctrl]+[N])

 2つ目は、ショートカットキーでブックを新規作成するテクニックです。

 どんなブックでも構わないので、Excelを起動してブックを開いておきます。ブックを開いた状態で、[Ctrl]+[N]キーを押します(①)。

 すると、新規ブックが作成されます(②)。

 もちろん、新規ブックを作成する前に開いていたブックは開いたままなので、いつでもブックを切り替えることができますよ。

ブックの作成にかかる時間を減らしてもっと作業を効率的に!

 今回は、ブックの新規作成を簡単に行えるテクニックを2つ解説しました。

 クイックアクセスツールバーを活用すればクリックだけで簡単にブックが新規作成できますし、ショートカットを使えばExcelの設定を変更しなくてもブックの新規作成にかかる時間を短縮できます。

 ぜひ、自分でやりやすい方法を覚えて、業務の効率アップに役立ててくださいね!