ニュース

キー操作だけでテキストを選択できる「マークモード」が「Windows Terminal」に追加

「Windows Terminal Preview 1.15」が公開、「Windows Terminal 1.14」は正式版に

「Windows Terminal Preview」v1.15.186

 米Microsoftは7月6日(現地時間)、「Windows Terminal Preview 1.15」を公開した。次期バージョンに導入予定の新機能がテストされる。

 「Windows Terminal Preview 1.15」では、新たに「マークモード」(mark mode)が導入された。これはキーボード操作だけでバッファー内の任意のテキストを選択できるようにするもので、標準では[Ctrl]+[Shift]+[M]キーで有効化可能。マークモードになるとカーソルが変化し、矢印キーで他の行へ移動したり、[Shift]キーを押しながら矢印キーを操作することでテキストを選択できるようになる。バッファー全体のテキストを選択したい場合は、[Ctrl]+[A]キーが利用できる。

バッファー内の任意テキストの選択がキー操作のみで行える

 マークモードでテキストを選択し、[Ctrl]+[C]キーでクリップボードへコピーすれば、マークモードは自動で解除される。ヘルプコマンドなどに表示されるオプションやログに含まれるパスをコピーして、コマンド入力の際に使いたいといった場合に役立つだろう。

 加えて、本バージョンではスクロールマーク(scroll marks)と呼ばれる機能が試験的にサポートされた。これはあらかじめスクロール位置をマークし、あとからコマンドやキー操作でアクセスできるようにするもの。コマンドを実行したときに自動でマークを追加したり、スクロールバーにマークの位置を表示するオプションも用意されており、以前に実行したコマンドやその結果へアクセスするのが容易になる。

 そのほかにも、タブのコンテキストメニューに[検索]コマンドを追加するなどの改善が施されている。

タブのコンテキストメニューに[検索]コマンドを追加

 「Windows Terminal」は、Microsoftが主導でオープンソースとして開発しているターミナルアプリ(ライセンスは「MIT License」)。DirectWrite/DirectXベースのテキストレンダリングエンジンやUTF-16/UTF-8両対応のテキストバッファーを備えたモダンな設計、複数のシェル(PowerShell、WSL/Linuxなど)をタブで切り替えたり、ペインで画面分割して同時利用できるレイアウトの柔軟性、プロファイルベースの高いカスタマイズ性などが特徴だ。現在、「GitHub」や「Microsoft Store」から無償でダウンロードできる。

 なお、同日付けで「Windows Terminal 1.14」が正式リリースされている。このバージョンでは、ウィンドウ全体に単一の背景画像を指定する試験オプション(useBackgroundImageForWindow)などが新たに追加された。まずは「Windows Insider Program」のDevチャネルで数週間テストされたのち、問題がなければ一般環境にも展開される。

ソフトウェア情報

「Windows Terminal」
【著作権者】
Microsoft Corporation
【対応OS】
Windows 10 バージョン 20H1以降
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.14.186(22/07/06)
「Windows Terminal Preview」
【著作権者】
Microsoft Corporation
【対応OS】
Windows 10 バージョン 20H1以降
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.15.186(22/07/06)