いまさら聞けないExcelの使い方講座

【Excel】アンケート集計結果をコピペしたら隠しておいた個人情報が見えるように!エクセルで表の見える部分だけをコピーするテクニック

表をコピペしたら非表示にしている列まで貼り付けられてしまった!

 Excelで表を作成すると、さまざまな理由から一部の行や列を非表示にしておくことがありますよね。でも、表の一部を非表示にした状態で表をコピーして別のシートに貼り付けたら、非表示にした部分まで貼り付けられてしまい、不要な部分を削除しなければならなかった……という経験はないでしょうか。

 Excelで作成した「新商品社内モニターアンケート集計結果」の表があるとします。この表のB、C、E列には個人情報が入力されており、非表示になっています(①)。別部署の社員に送付するため、個人情報関連の列以外の内容を別のシートにコピーして貼り付ける例を考えてみましょう。この状態で表を選択し、[Ctrl]+[C]キーを押してコピーします。

 [Ctrl]+[V]キーを押して、新しく作った[集計結果会議配布用]シートに貼り付けると、元の表で非表示にしていた部分まで貼り付けられてしまいました(②)。

 非表示にしていた列を削除すれば、必要な部分だけを残すことはできますが、少し効率が悪いような気がしますよね。最初から、非表示にしている列以外の部分だけをコピーすることはできないのでしょうか。

 今回は、Excelの表で非表示にしたところ以外の部分だけをコピーできるテクニックを2つ解説します。

テクニック1:リボンから操作して可視セルのみをコピーする

 1つ目の方法は、リボンから操作して、非表示部分以外をコピーするというものです。表の一部を非表示にした状態で、コピーしたいセル範囲をドラッグして選択(①)します。[ホーム]タブ(②)→[検索と選択](③)→[条件を選択してジャンプ](④)をクリックします。

 [選択オプション]ダイアログボックスが表示されます。[可視セル](⑤)をクリックして選択し、[OK](⑥)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

 これで、見えている範囲(可視セル)だけが選択されます。

 ここまでの操作ができたら、[Ctrl]+[C]キーを押して表をコピーします(⑦)。

 [Ctrl]+[V]キーを押して別のシートに表を貼り付けると、元の表で表示されていた部分だけが貼り付けられた(⑧)ことがわかります。

 列の幅を調整すれば、新しい表の完成です(⑨)。

テクニック2:ショートカットキー([Alt]+[;])を活用する

 もう1つの方法は、ショートカットキーを活用する方法です。

 先ほどと同じように、表の一部を非表示にした状態で、表のコピーしたい部分をドラッグして選択(①)し、[Alt]+[;]キーを押します(②)。

 [Alt]+[;]キーは、可視セルだけを選択するショートカットキーです。テクニック1で[選択オプション]ダイアログボックスから[可視セル]を選択するまでの手順が、このショートカットキーで一気に行えるということになります。

 ここまでの操作ができたら、普段のコピペと同様に、[Ctrl]+[C]キーを押してコピー(③)し、[Ctrl]+[V]キーを押して貼り付け(④)ます。

 あとは、先ほどの手順と同様に列幅を整えれば、表が完成します。コピペでは[Ctrl]キーを使うのに対し、可視セルを選択するショートカットキーには[Alt]キーが使われるので最初は少し混乱するかもしれませんが、きちんと覚えて操作に慣れてしまえば、ショートカットキーを使った方が操作にかかる時間をより短くできますよ。

可視セルだけをコピペすれば作業の効率がアップ

 今回は、Excelの表で非表示にしている列以外の部分を選択してコピペする方法を2つ解説しました。

 今回解説した方法を使えば、元の表で表示されている部分だけをコピペできるので、表全体を貼り付けてから不要な部分を削除するよりも、作業の効率がずっとアップします。

 記事の中で解説したどちらの方法でも同じ結果になるので、自分でやりやすい方を覚えて、業務で活用してみてくださいね。もちろん、両方覚えておいても損はありませんよ!