ニュース

Microsoft、「Internet Explorer 11」の対応が終了する製品・サービスを公表

「Microsoft 365」や「Azure DevOps」など、来年は多くの製品でサポート打ち切り

ドキュメントサイト“Microsoft Docs”

 米Microsoftは12月14日(現地時間)、「Internet Explorer 11」(IE 11)対応を終了する製品とサービスを発表した。「Microsoft 365」や「Microsoft Teams」など、すでにアナウンスされているものもあるが、IT管理者がもう一度確認しておいたほうがよいだろう。

製品またはサービス終了日
Microsoft Teams web app2020年11月30日(すでに終了)
Azure DevOps2020年12月31日
Azure Portal web app2021年3月31日
Microsoft 365 apps and services2021年8月17日
Microsoft Dynamics 3652021年8月17日
Microsoft Power Platform2021年8月17日
Microsoft Power Platform2021年8月17日

 IE 11対応が終了した製品とサービスは、「Microsoft Edge」の“IE モード”でも利用できなくなる点には注意したい。

 同社は「Microsoft Edge」への移行を推奨している。また、有料顧客向けの移行支援サービスも提供しているとのこと。