いまさら聞けないExcelの使い方講座

【Excel】シートに挿入した画像の背景を削除・透明化したい!エクセルで画像入り案内状や操作手順書の作成を効率化するテク

シートに挿入した画像の加工をしたい!

 仕事やプライベートで、イベントの案内状やちらしの作成を頼まれたことはありませんか? 案内状の中に、アクセントとなるようなイラストや画像を入れたいけれど、専用のソフトがないから無理……と諦めてはいませんか? 実はExcelでも、簡単な画像の加工や編集を行うことができます。

 今回は、Excelのシートに画像を取り込みたい時に役に立つ画像編集のテクニックを2つ紹介します。

 まず1つ目は画像の背景を削除する方法です。これにより、メインに写っている対象物だけを抜き出すことができます。2つ目は画像の背景を透明にする方法です。例えば、ロゴマークなどの画像を貼り付けた時に、背景が白いままでは見栄えがよくない場合があります。背景を透明にしておくと、貼り付けた先のシートに馴染んできれいに仕上がります。

画像の背景を削除する

 「国際交流イベントのお知らせ」という案内状を作成する例を考えてみましょう。この案内状の空きスペース(①)に七段飾りのひな人形の画像を入れたいとします。手持ちの写真(②)ではひな人形の背景が邪魔なので、Excelの[背景の削除]機能を使って背景を削除してみましょう。

 なお、②の画像はすでにトリミングしてあります。

 画像を選択した状態(③)で、[図ツール]の[書式]タブ(④)→[背景の削除](⑤)をクリックします。

 すると、削除される領域が紫色に変わります(⑥)。

 ここでは、削除したくない範囲(例えば⑦の領域)も紫色になってしまっているため、調整してみましょう。

 [図ツール]の[背景の削除]タブ(⑧)→[保持する領域としてマーク](⑨)をクリックします。

 マウスポインターの形が変わるので(⑩)、削除したくない領域(保持する領域)をマークします。

 今回とは反対に、削除する領域を調整するには、[削除する領域としてマーク](⑪)をクリックします。削除する領域と保持する領域の調整が完了したら、[変更を保持](⑫)をクリックします。

 画像の背景が削除されましたね(⑬)。

 画像を縮小してお知らせに入れて完成です(⑭)。

 写真によっては、メインの対象物と背景が明確に区別しづらい場合もありますので、注意してくださいね。

背景を透明にする

 ロゴマークなどの画像を色が塗りつぶされたセルの上に貼り付けた時に、背景が白いままだと、見栄えがよくありません(①)。[背景色を指定]機能を使って、背景を透明にしておくと、貼り付けた先のシートに馴染んできれいに仕上がります。

 では実際にやってみましょう。ロゴマークの画像を選択した状態で、[図ツール]の[書式]タブ(②)→[色](③)→[透明色を指定](④)をクリックします。

 すると、マウスポインターの形が変わるので(⑤)、透明にしたい箇所をクリックします。

 するとロゴマークの画像の背景が透明になりました(⑥)。

 ロゴマークの画像を違和感なく取り込むことができましたね。

シートに挿入した画像の加工をする

 今回は、Excelのシートに画像を取り込みたい時に役に立つ画像編集のテクニックを2つ紹介しました。

 Excelの画像処理の機能は、企画書やプレゼン資料などにちょっとした写真や図形を取り込みたい時に使えるので、覚えておくと便利です。

 ぜひ使用してみてくださいね。