いまさら聞けないExcelの使い方講座

【Excel】改元間近!エクセルで和歴の元号が変更された年を「1年」ではなく「元年」と表示する方法

1989年を和暦で表示すると「平成1年」になる

 いまや、平成生まれの方々が社会のいろいろな場所で活躍されていますよね。企業で社員名簿などを管理していて、平成生まれの社員が増えたなぁ……と感じることもあるのではないでしょうか。

 Excelの操作に慣れている方の中にはもうご存知の方もいらっしゃると思いますが、Excelでは日付を平成、昭和などの元号を使った和暦で表示することができます。「○○商事従業員名簿」のG列に西暦で入力されている生年月日(①)を、和暦で表示してみましょう。

 生年月日が入力されているセル範囲(ここではセル範囲G3:G17)をドラッグして選択(②)し、リボンの[ホーム]タブの[数値]グループの右端にある矢印(③)をクリックします。

 [セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[表示形式]タブ(④)をクリックし、[分類]から[日付](⑤)を選択します。画面中央より少し下に表示される[カレンダーの種類]で[和暦](⑥)を選択すると、その上の[種類]欄に日付のサンプルが表示されるので、表示させたい形式(ここでは[平成24年3月14日](⑦))を選択し、[OK](⑧)をクリックします。ダイアログボックス内の[サンプル]欄と[種類]欄に表示される日付は、違っていても気にしなくてOKです。

 G列の日付が和暦表示になりました(⑨)が、セルG11に入力されている日付は、「平成1年7月12日」(⑩)になっています。このように、Excelで和暦を表示すると、その元号の最初の年は「○○1年」という形式で表示されます。

 では、Excelで「元年」と表示するにはどうしたらよいのでしょうか?今回は、Excelで平成最初の年の日付を「平成元年」と表示する方法を解説します。

1989年のうち平成元年にあたる日付だけを条件付き書式で「平成元年」と表示する

 「平成1年」を「平成元年」と表示する方法はいくつかありますが、今回は条件付き書式を使った方法を解説します。

 日付が表示されているセル範囲(ここではセルG3:G17)(①)をドラッグして選択し、[ホーム]タブ(②)→[条件付き書式](③)→[新しいルール](④)をクリックします。

 [新しい書式ルール]ダイアログボックスが表示されます。[ルールの種類を選択してください]欄の[指定の値を含むセルだけを書式設定](⑤)を選択し、[ルールの内容を編集してください]欄で「平成元年」と表示させるセルの条件を設定します。左から2つのプルダウンメニューではそれぞれ[セルの値](⑥)、[次の値の間](⑦)を選択し、右側2つの入力欄にはそれぞれ「平成1年1月8日」(⑧)、「平成1年12月31日」(⑨)と入力します。1989年の1月1日から7日までは昭和64年であり、「平成元年」と表示させたい期間は1989年の1月8日から12月31日までとなるため、この期間の日付だけに書式を設定するのです。ここまで入力できたら[プレビュー]欄の右にある[書式](⑩)をクリックします。

 [セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[表示形式]タブ(⑪)をクリックし、[分類]欄で[ユーザー定義](⑫)を選択します。[種類]欄に「ggg"元年"m"月"d"日"」(⑬)と入力します。最初に入力した「ggg」は元号を省略せずに表示するための表示形式です(詳細は本項の最後で解説します)。[種類]欄に表示形式を入力すると、セルで実際にどのように見えるかがその上の[サンプル]欄に表示されます。今選択しているセルのデータでは「昭和元年1月6日」という形式で表示されることがわかりますね。正しい形式で日付が表示されることを確認できたら、[OK](⑭)をクリックします。

 再び[新しい書式ルール]ダイアログボックスが表示されます。[プレビュー]欄に日付のサンプルが自分の表示したい形式で表示されていることを確認し、[OK](⑮)をクリックします。

 「平成1年7月12日」と表示されていた日付が、「平成元年7月12日」(⑯)と表示されるようになりました。同じ1989年の日付でも、セルG3に入力されている1月6日の日付は、「昭和64年」のままになっています(⑰)。平成元年にあたる日付だけ表示を変更することができました。

 日付の表示形式を入力する時に少し触れましたが、ユーザー定義の表示形式の入力欄に入力する「g」の数で、元号を表記する形式を変更できます。「平成」の場合、表示形式で「g」と入力すると表示は「H」になり、「gg」では「平」に、「ggg」では表示が「平成」になります。必要に応じて変更してみてくださいね。

「元年」と表示する方法を知っておけば元号が変わっても対応がラク!

 今回は、条件付き書式で「平成1年」を「平成元年」と表示する方法を解説しました。元年にあたる日付を条件付き書式で指定し、その日付の表示形式を変更すればよいことがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 今年は元号の改正が予定されていますよね。このテクニックを覚えておけば、元号が変わったあとも日付を思い通りに表示させることができますよ。ぜひ今から覚えておいてくださいね。

Excelでストレスなく作業できるビジネスパソコンとは?

 快適にExcelやWord、パワポを使うにはパソコンが大事!古いパソコンを使い続けていると、あなたの働き方も時代遅れになるかも!? オフィスソフトにも働き方改革にも対応する最新パソコン選びのツボを解説!