いまさら聞けないExcelの使い方講座

【Excel】「令和1年7月8日」を「R1.7.8」や「令1.7.8」と表示したい!エクセルで和暦の表示形式をカスタマイズするテク

和暦にはさまざまな表示方法があるって知っていますか?

 元号が「平成」から「令和」が変わってしばらくたちました。「令和」にまつわる過熱した話題も、今は少し落ち着いてきたのではないでしょうか。

 紙の文書に和暦で日付を記入する場合、「令和1年(または元年)7月8日」という形式のほかに、「R1.7.8」や「令1.7.8」のように、元号の略称を使って記入することがありますよね。実はExcelでも同様に、和暦をさまざまな形式で表示できることを知っていましたか。

 今回は、Excelの日付データを和暦で表示する際に、知っておくと便利なさまざまな表示形式を解説します。

 なお、「令和1年」を「令和元年」と表示したい場合は、以前の記事を参考にしてください。説明を簡単にするために、この記事で使用するサンプルファイルでは、2019年5月1日~12月31日の年を「令和1年」と表示しているのでご了承ください。

❶「令和1年7月8日」と表示する

 では最初に、西暦で表示された日付データを和暦に変更してみましょう。

 「2019/7/8」と表示されたセルE1(①)を選択して、[ホーム]タブ(②)→[数値]グループの右下にある矢印(③)をクリックします。

 [セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[表示形式]タブ(④)をクリックして、画面左側の[分類]欄から[日付](⑤)を選択します。ダイアログボックスの下側にある[カレンダーの種類]で[和暦](⑥)を選択し、ダイアログボックス中央にある[種類]欄から、表示させたい形式(⑦)をクリックします。なお、ここで表示される「H24.3.14」という日付は例なので、特に気にする必要はありません。[サンプル]欄(⑧)に、実際に表示形式が適用された日付が表示されます。

 設定が終わったら[OK](⑨)を押して、ダイアログボックスを閉じます。

 セルE1の日付が「令和1年7月8日」(⑩)という表示に変わりましたね。

 なお、Excelで「令和1年7月8日」と表示したい場合、セルに直接「令和1年7月8日」のように入力した後、[Enter]キーを押して値を確定すれば、自動的に日付データとして認識されます。実際にやってみましょう。セルE1に「令和1年7月8日」と入力して(⑪)[Enter]キーを押します(⑫)。

 セルE1の値が確定されました。ここで再び、セルE1(⑬)を選択してみましょう。数式バーを見ると「2019/7/8」(⑭)と表示されていますね。これは、セルE1に入力した「令和1年7月8日」という文字列が日付データとして認識されたことを表しています。

 和暦だからと言って特別な設定をする必要はなく、文字列を入力して確定すれば自動的に日付データとして認識してくれるので、便利ですね(ちなみに筆者が試したところ、「R1.5.31」や「H31.3.11」なども直接入力するだけで日付データになりましたが、「平31年3月11日」や「令1.7.1」などでは日付と認識されませんでした)。

❷「R1.7.8」と表示する

 この項では、元号の略称(アルファベット)を使い、「令和1年」を「R1」と表示する方法を解説します。前項で入力した「令和1年7月8日」というデータを「R1.7.8」に変更してみましょう。

 セルE1(①)を選択して、[ホーム]タブ(②)→[数値]グループの右下にある矢印(③)をクリックします。

 [セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[表示形式]タブ(④)をクリックして、画面左側の[分類]欄から[日付](⑤)を選択します。ダイアログボックスの下側にある[カレンダーの種類]で[和暦](⑥)を選択し、ダイアログボックス中央にある[種類]欄から、表示させたい形式(⑦)をクリックします。なお、ここで表示される「H24.3.14」という日付は例なので、特に気にする必要はありません。[サンプル]欄(⑧)に、実際に表示形式が適用された日付が表示されます。

 設定が終わったら[OK](⑨)を押して、ダイアログボックスを閉じます。

 セルE1の日付が「R1.7.8」(⑩)という表示に変わりましたね。

❸「令1.7.8」と表示する

 最後に、日付データを「令1.7.8」と表示する方法を解説します。このテクニックは、「令和1年7月8日」のように日付をすべて表示するスペースはないけれど、元号の表示が「R1」では、今ひとつ「令和」に結び付きにくい……という場合に便利です。

 日付が入力されているセルE1(①)を選択して、[ホーム]タブ(②)→[数値]グループの右下にある矢印(③)をクリックします。

 [セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[表示形式]タブ(④)をクリックして、[分類]欄から[ユーザー定義](⑤)をクリックします。ダイアログボックス中央にある[種類]欄に「gge.m.d」(⑥)と入力します。ここで入力する「gge.m.d」という書式については、後ほど詳しく解説します。

 [サンプル]欄(⑦)に、実際に表示形式が適用された日付が表示されるので確認し、[OK](⑧)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
r
 セルE1の日付が「令1.7.8」(⑨)という表示に変わりましたね。

 ここで、先ほど[セルの書式設定]ダイアログボックスに入力した「gge.m.d」という書式について詳しく解説しましょう。

 「gge.m.d」という書式で、「gge」は年、「m」は月、「d」は日を表しています。また、「g」は元号、「e」は和暦の年を表し、次のように「g」の数によって元号の表示を変えることができます。

 なお、テクニック2で「R1.7.8」のように表示する方法を紹介しましたが、ここで解説した方法で「ge.m.d」という書式を設定しても、同じように「R1.7.8」と表示できます。

いろんな形式で和暦を表示してみよう

 今回は、Excelの日付データを和暦で表示する際に知っておくと便利な、さまざまな表示方法を解説しました。

 「和暦」といっても、表示方法はいろいろあることをわかってもらえたと思います。「令和」になって和暦を使おうか迷っている人がいたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Windows 7マシン乗り換えの時。新PCはExcel作業効率が上がるものを!

 Windows 7のサポート終了が迫っている。どうせ買い替えるなら業務効率化を狙ってパソコンを買い替えよう! ExcelやPowerPointを使った作業が一気に快適になるパソコンのスペックを確認!