いまさら聞けないExcelの使い方講座

【Excel】アンケートなどの作成に超便利!エクセルで複数行のセルを一気に隣のセルと結合できるテク

複数行のセルを一回の操作で横方向に結合するには?

 Excelをアンケートなどの入力フォームの作成に活用している読者は少なくないと思います。Excelのシートはセルが格子状に並んでいますが、セル同士を結合させることができるので、複雑なレイアウトの表でも比較的簡単に作ることができますよね。

 例えば、「社員基本データ入力用シート」を作成する途中だとします。4行目以降の項目(①)について、セルを横方向に結合して入力欄を作る(例えば、4行目ならセル範囲B4:D4、5行目ならセル範囲B5:D5、というように表の各行の3つのセルを結合して1つのセルにする)時、どのような操作を行いますか。

 普段Excelを使い慣れている人なら、セルの結合は何度もやったことがありますよね。多くの方は、次のような手順で操作するのではないでしょうか。

 結合したいセル(例えばここではセル範囲B4:D4)を選択(②)し、[ホーム]タブの[セルを結合して中央揃え](③)をクリックします。

 すると、選択したセル範囲が結合され、1つのセルになります(④)。この状態では入力した文字が中央揃えになるので、[左揃え](⑤)をクリックします。

 この操作を5行目以降でも繰り返せば、確かに1行ずつセルを横方向に結合させて表を完成させることができますが、同じような操作を繰り返すことになって少し面倒ではないでしょうか?

 今回は、このような場面で操作を一瞬で終わらせることができる[横方向に結合]の使い方を解説します。

横方向に結合したいセル範囲全体を選択して[横方向に結合]

 先ほどの「社員基本データ入力用シート」でセルを横方向に結合する操作を、もっと効率よく行ってみましょう。まず、横方向に結合したいセル範囲全体(ここではセル範囲B4:D9)をドラッグして選択(①)します。違和感がある人もいるかもしれませんが、結合したいセル範囲全体を一気にドラッグしてしまって構いません。セル範囲を選択したら、[ホーム]タブの[セルを結合して中央揃え]の右にある[▼](②)をクリックし、[横方向に結合](③)を選択します。この時、メニューから[セルを結合して中央揃え]や[セルの結合]を選択してしまうと、選択されたセル範囲が1つの大きなセルになってしまうので注意してください。必ず[横方向に結合]を選んでくださいね。

 すると、たったこれだけの操作で、選択したセル範囲全体の各行が横方向に結合されました(④)。

 これなら、セル範囲の選択→結合という操作を繰り返す必要がなく、一瞬でセルの結合の操作を終えることができます。

 セルの結合を行うと別の場所に表をコピペした時などにレイアウトが崩れることがあるので、あまり積極的におすすめできない場面もありますが、印刷して使うことが前提となる書類などでは整ったレイアウトの表を簡単に作れるので、セルの結合はとても役に立ちます。このような入力フォームを作る機会が多い方は、以前の記事を参考にして、この[横方向に結合]をクイックアクセスツールバーに登録しておくと、さらに時短できますよ。

地味に便利な[横方向に結合]を入力フォーム作成に活用しよう!

 今回は、Excelの[横方向に結合]を使って表を行ごとに結合する操作を短縮させる方法を解説しました。

 あまり注目されることが多い機能ではないので、「この[横方向に結合]って何だろう…?」と思っていた方もいらっしゃるかもしれませんね。今回の記事で、この機能の便利さがおわかりいただけたと思います。

 アンケートなどの入力フォームを作成する機会があったら、ぜひこの[横方向に結合]を活用してみてくださいね!

Windows 7マシン乗り換えの時。新PCはExcel作業効率が上がるものを!

 Windows 7のサポート終了が迫っている。どうせ買い替えるなら業務効率化を狙ってパソコンを買い替えよう! ExcelやPowerPointを使った作業が一気に快適になるパソコンのスペックを確認!